ムダ毛の処理。アンダーヘアはどうしてる?

アンダー部分の毛を処理する正しい方法


c040ebfa6daf2da3c8f4978f905ef32e_s


アンダー部分の毛といっても通常の人は放置している人が多いのではないでしょうか。しかし欧米ではきちんと処理してケアするのが常識になっていて、日本でも美意識が高い女性は処理をする人が増えています。

アンダー部分は自分では見えにくい部分と同時に、非常にデリケートな部分であるため毛を処理するに当っては非常に難しい部分です。自己処理するには傷が付いたり肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

また、近年ではエステサロンなどでアンダー部分の毛を処理するコースもありますがデリケートな部分だけに、人前にさらすのも恥ずかしいという問題もあります。

そこで、トラブルを未然に防ぎながらアンダー部分の毛を正しく美しく処理する方法について学んでいきましょう。


アンダー部分の毛の処理方法の種類とポイント

アンダー部分の毛を処理する方法として自分で行なう方法とエステサロンなど専門家にお願いする方法があります。自分で行うとデリケートな部分に傷が付いたり肌トラブルなどの原因となる事があるため、専門家にお願いする方法を取る人も多いですね。

ただ専門家にお願いする場合にはデリケートゾーンを人に見せる必要があり、そこに抵抗を示す人も多いです。

自分で処理を行なう方法とかみそりなどで剃る方法や毛抜きやピンセットで抜く、脱毛クリームなどを使う、家庭用脱毛器を使用して、毛を処理してしまう方法がありますが、アンダーは自分で見えにくい部分であるために、傷をつけてしまったり、肌トラブルを起こしてしまうなどの問題点があります。

エステサロンや美容皮膚科などで行われる処理は主に最先端の医療機器を使用した脱毛が中心です。脱毛に関する知識や経験が豊富なスタッフがその人に合った方法で、恥ずかしくないように工夫をした上で処理してくれるため、肌トラブルなどは少ないですが費用が高くなります。

近年ではエステサロンや美容皮膚科などにも行かず、自分で肌トラブルを起こす事無くアンダーを処理する方法としてさらふわなどのアンダーヘアー専用のトリートメントがあります。

アンダーヘア専用トリートメントは髪の毛のトリートメントと同じで毛質をさらさらにするだけで、脱毛などの効果はありませんが、トラブルの少ない新しいアンダー部分の毛の処理法として注目を浴びています。


アンダーヘアを自分で処理するメリットとデメリット


59f2413d0b33b970a234fb1312362cb6_s


夏になると女性は露出の高い服を切る機会が多くなります。その中でもビキニを着るときや大好きな彼とお泊りデートをするとなると気になるのはアンダーヘアー。

エステや美容外科の専門家にお願いすると、自分の毛質や肌質にあった方法で処理を行ってくれますが金額が高くなり、また、恥ずかしい部分を施術者に見せることになるため抵抗を感じる人も多いです。

自己処理する場合は、自分で自宅など人目につかない場所で行うため、恥ずかしいというデメリットはありませんが、自分で見えない部分であると同時に非常にデリケートな部分であるため、傷を付けたり肌トラブルが置きやすくなるなどのデメリットがあります。


アンダーの毛を自己処理する方法別のメリットやデメリット

自己処理の方法で一番ポピュラーなのはかみそりなどで剃る方法です。電気シェーバーやT字かみそりとシェービングクリームやムースを用意するだけなのでコストが安く済み、手軽に処理することができます。

しかし、かみそりで処理した毛はすぐに生えてしまい、かみそりで沿った毛の断面が鋭角になっているため、毛が伸びてくるに従ってちくちくして痒みを伴う場合があります。

また、肌がかみそり負けを起こしたり、何回も処理を繰り返すことで色素沈着が起きるなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

毛抜きや脱毛ワックスで処理する方法は、毛根から抜くタイプのためかみそりで処理する場合に比べて毛の生える期間が長く処理回数が少なくて済むことや、毛そのものを抜いてしまうため、伸びてきた後のチクチク感がありません。

ただし、生えている部分から毛を抜くため、抜く時に傷みが大きいこと、皮膚へのダメージが大きく、処理の時間も長くかかるというデメリットがあります。

除毛クリームなどを使って処理する場合、クリームやムースタイプの除毛剤を脱毛したい部分に塗り洗い流すだけのため、非常に手軽に行えるほか、処理に失敗して傷をつけてしまう心配がありません。

また、一度に広範囲の処理が処理ができるのも特徴です。しかし、アンダーは非常にデリケートな部分であるために、クリームなどにかぶれたりアレルギー症状を引き起こし肌トラブルを引き起こすことがあります。

また、除毛クリームは生えている毛を溶かすだけなのですぐに毛が生えてきてしまい、処理の回数が増えることがあります。

家庭用脱毛器で処理する方法もあります。家庭用脱毛器は医療で用いられているフラッシュ脱毛の技術などを家庭で行う事ができるように改良したもので、光を当てることで脱毛を行なう事ができるので肌トラブルは非常に少ないといえます。

然し、家庭用脱毛器で自分でアンダー部分を処理する場合、一人では見えにくいため上手く処理することが難しいという欠点があります。

このように自分で処理する方法にも様々な方法がありますが、どの方法にもメリットやデメリットはあるため、その点をしっかり踏まえた上で自分にあった方法を選びましょう。

また、近年では脱毛でもない、除毛でもない新しいアンダー部分の毛の処理方法が注目を浴びています。それがさらふわなどアンダーヘア専用のトリートメントです。

今生えているアンダーの毛をそのままに、トリートメントをしてさらさらでふわふわにする事によって、アンダーからはみ出すことをなくします。トリートメント剤が肌に負担をかけるものでなければ肌トラブルを起こすこともないため安心です。

ただし、アンダーヘア専用トリートメントは、アンダーの毛質を変えるだけで、形を整えたりするものではないので、形を整えたい場合には他の処理と平行して行う必要があります。